Python

ライブラリ

Pythonには「電池が付属しています("Battery Included")」の発想があり、プログラマがすぐに使えるようなライブラリや統合環境があらかじめディストリビューションに含まれている。このため標準ライブラリは非常に充実しており、ここには正規表現をはじめOSのシステムコールXML処理系、シリアライゼーションHTTPFTP等の各種通信プロトコル電子メールCSVファイルの処理、データベース接続(SQLiteを標準に含む)、GUIフレームワーク (Tkinter)、そしてHTMLやPython自身のコードの構文解析ツールなどが含まれる。サードパーティによるライブラリも多い。行列演算パッケージのNumeric Pythonや画像処理のためのPython Imaging Library、SDLのラッパであるPyGameなどはよく知られている。ただし、マイナーなものまで含めると多すぎて収拾がつかなくなったため、Python Cheese Shop と呼ばれるライブラリのリポジトリを管理する機構が導入された。

戻る