Python

1.x

1994年1月、Python1.0がリリースした。主な特徴として関数型言語の基本であるラムダ計算を実装、MAP型REDUCEなどが組み込まれている。バージョン1.4ではCommon Lispにある機能とよく似たキーワード引数が導入された。また簡易ながら名前修飾を用いたカプセル化も実装された。

戻る