Ruby
Ruby(ルビー)は、まつもとゆきひろ(通称Matz)により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語であり、従来Perlなどのスクリプト言語が用いられてきた領域でのオブジェクト指向プログラミングを実現する。Rubyは当初1993年2月24日に生まれ、1995年12月にfj上で発表された。名称のRubyは、プログラミング言語Perlが6月の誕生石であるPearl(真珠)と同じ発音をすることから、まつもとの同僚の誕生石(7月)のルビーを取って名付けられた。機能として、クラス定義ガベージコレクション、強力な正規表現処理、マルチスレッド例外処理イテレータクロージャMixin演算子オーバーロードなどがある。Perlの代替となることができることが初期の段階から重視されている。Perlと同様にグルー言語としての使い方が可能で、Cプログラムやライブラリを呼び出す拡張モジュールを組み込むことができる。Ruby処理系は、主にインタプリタとして実装されている(詳しくは#実装を参照)。構文は、ALGOL系を継承しながら、可読性を重視している。Rubyにおいては整数や文字列なども含めデータ型はすべてがオブジェクトであり、純粋なオブジェクト指向言語といえる。長らく言語仕様が明文化されず、まつもとによる実装が言語仕様に準ずるものとして扱われて来たが、2010年6月現在、RubySpecとして言語仕様が策定中である。2011年3月22日にJIS規格(JIS X 3017)が制定された。フリーソフトウェアとしてRubyライセンス(Ruby License や Ruby's と表記されることもある。GPLArtisticに似た独自ライセンスを選択するデュアルライセンス。)で配布されている。

1 Ruby哲学
2 実装
 公式な実装
 その他の実装
3 競合言語
4
 コレクション
 制御構造
 ブロック付きメソッド呼び出し
  繰り返し処理
  後処理の省力化
  本処理を後から指定
  クロージャ
 クラス
 例外処理
5 Rubyの周辺技術
6 Rubyで開発されたアプリケーション
7 Rubyを組み込んだアプリケーション
8 エピソード
9 参考文献
10 関連項目
11 脚注
 注釈
 出典
12 外部リンク