Ruby

クロージャ

クロージャとなるようなブロックの引数渡し
# オブジェクトのインスタンス変数(変数名の頭に@が付く)でブロックを記憶。
def remember(&p)
  @block = p
end
# nameを受け取るブロックを引数に、上記のメソッドを呼び出す。
remember {|name| puts "Hello, " + name + "!"}

# 後に必要になった時点でクロージャを呼び出す。
@block.call("John")
# 表示:"Hello, John!"
メソッドからクロージャを返す例
def create_set_and_get(value = 0)
  return proc {|x| value = x}, proc { value }
end

setter, getter = create_set_and_get
setter.call(21)
getter.call # => 21

戻る