Ruby

後処理の省力化

ブロックの内容を実行してから、決められた後処理を行うメソッドもある
File.open('file.txt', 'w+b') do |file|
  file.puts 'Wrote some text.'
end                             # Fileはここで自動的にcloseされる
これは次の例と同様の処理を行う(ensureについては例外処理の項を参照)
begin
  file = File.open('file.txt', 'w+b')
  file.puts 'Wrote some text.'
ensure
  file.close
end

戻る