Ruby

本処理を後から指定

実際に行いたい処理をブロックで記述する。 前項の後処理の省力化もこれの一例といえる。
def bfs(list)       #配列をツリーに見立てた処理
  until list.empty?
    unit = list.shift
    yield unit      #ブロックの内容を実行
    unit.each{|v| list.push v} if defined? unit.push
  end
end
bfs([0,1,[2,3],4,[5,[6,7,8]],9]) {|v| p v}
この例は"ツリーから要素と分枝をつぎつぎと取り出し"て"取り出したものになんらかの処理を行う" ものである。メソッドの利用者は、"なんらかの処理"のみを記述すればよく、取り出しのアルゴリズムなど、本質的でない内容に意識を向ける必要がなくなる。

戻る