Sed (コンピュータ)
sed (セド)は、入力ストリーム (ファイルまたはパイプラインからの入力) に対してテキスト変換などのデータ処理をおこなうために使用されるプログラムである。名称「sed」は「ストリームエディタ」を意味する英語「stream editor」に由来する。sedは、入力を行単位で読み取り、sedスクリプトと呼ばれるシンプルな命令文に従ってテキスト変換などの編集をおこない、また行単位で出力する。基本的には照合ルールに従い場合分けをおこなうフィルタと捉えることができる。オリジナル版のsedはベル研究所のマクマホンによって1973年前後に開発されたUNIXユーティリティで、現在ではコマンドラインをサポートするさまざまなオペレーティングシステムに搭載されている。大量のテキストファイルに対して一括で定形の処理をおこなう場合に大きな威力を発揮する。正規表現に対応しており、ある条件の範囲内の文字列を探し出して処理することができる。特定の条件に合った文字列を検索し置換するなどの用途に用いる。

1 sedスクリプトの基本的な文型
 アドレスとコマンド
 <tt>y</tt>コマンド
 <tt>s</tt>コマンド
 ホールドスペースの利用
2 コマンドラインでの実行
3 特徴
4 関連項目
5 参考文献
6 外部リンク