Smalltalk
Smalltalk(スモールトーク)は、Simulaオブジェクト(およびクラス)、Lispの機能、LOGOのエッセンスを組み合わせて作られたクラスベースの純粋オブジェクト指向プログラミング言語、および、それによって記述構築された統合化プログラミング環境の呼称。Smalltalkで一語であり、Small TalkSmallTalkなどは誤りである。ただし、この名前の由来である、世間話・雑談を意味する英語は、small talk である。

1 開発の経緯
2 Smalltalkとオブジェクト指向
3 Smalltalk環境の独自性
4 環境および処理系
5 文法